ジャスミン 2021年10月 ニュース
employee picture

将治さんチームへようこそ!

ツノダスタイリングスは、レスポンシブウェブサイトを最高の技術で構築し、高速で使いやすく、成功させるために努力を惜しまないスタートアップ企業です。ツノダスタイリングスでは、プロジェクトごとに支払われ、リモートワークを通じてポートフォリオを発展させたいと考えているフレッシュで新しい才能がある方を探しています。開業して間もない頃、スキルアップを目指す若い開発者から依頼がありました。 

彼の名前は、服部 将治です。また彼は日本語の母語話者であり約1年間コーディングを独学してきました。彼のことをもっと知りたい方もしくは、ツノダスタイリングスで何を成し遂げようとしているのかについては、以下をご覧ください。


服部 将治へのインタビュー:

ジャスミン: 「将治さん、こんにちは。このブログを読む方に自己紹介をお願いします。」
将治:「こんにちは、服部 将治です。ツノダスタイリングスで働き始めてから約1ヵ月ほど経ちました。」
ジャスミン: 「コーディングの仕事に応募し始めたのはいつ頃からですか。」
将治: 「IT業界に入りたくて、去年の10月頃からコーディングの仕事に応募し始めました。」
ジャスミン: 「なぜコーディングを勉強始めようと思いましたか。」
将治: 「海外から来日し、岐阜大学の大学院でAIの開発を研究している友達がいます。その話を聞いたときに、AIやITのことに興味が沸き、インターネットで調べました。コーディングは難しいと聞いたことがありましたが、コーディングに興味があったのでとにかくやってみようと思いました。」
ジャスミン: 「ツノダスタイリングスの求人に応募したきっかけと、これまでのトレーニングでの様子を教えてください。」
将治: 「職歴の浅い人や全く職歴がない人たちを採用したいと聞き、また感銘を受けました。ジャスミンさんがまだSheCodesでコーディングを勉強中だったことを考えると、もしかしたらジャスミンさんも私と同じような悩みを抱えていたのかもしれないと思いました。他の仕事に応募したとき、コーディングの知識や学位はあまり必要ないと企業が言っているのにもかかわらず、トレーニングが足りないという理由で採用してもらえず、落胆したことがあります。これまでのところ、ツノダスタイリングスのトレーニングは素晴らしいです。ジャスミンさんはとても優しく、理解力があり、賢くまた効率的に考えます。日本の企業と比べると、非常に違いがあり、上司が圧力をかけることなく、分からないことがあっても忍耐強いです。」
ジャスミン: 「それはとても親切ですね! ありがとうございます! 経験を積みたい新入社員や、予算がないクライアントなど、いろいろな人の役に立ちたいと思い、この会社を立ち上げました。どんな状況でもみんな公平に扱われるべきです。では、開発者としての醍醐味は何でしょうか?」
将治: 「コードがなぜそのように書かれているのかを解明するのが好きです。パズルを見ているようなものです。例えば、正しく動作していないコードを見ると、その問題を解決したくなります。頭を使いながら挑戦するのが好きです。」
ジャスミン: 「開発者として特に難しいと感じるときは、どんなときですか。」
将治: 「それ自体は難しいとは思っていません。新しい概念を学ぶことは時に難しいですが、その仕組みを解明することの方が面白いのです。」
ジャスミン: 「私たちと一緒に仕事をする中で、何を成し遂げたいですか?」
将治: 「コーディングのスキルを上げて、ツノダスタイリングスがお客様に安心して予約していただけるような素敵な会社になるよう、お手伝いできればと思います。また、開発者になりたいけど、何から始めたらいいかわからないという人の手助けもしたいです。」
ジャスミン: 「ウェブ開発者やウェブデザイナーになりたいと考えている人に、何かアドバイスはありますか。」
将治: 「新しいことを学ぶことにオープンであること。視野が狭くならないように。自分のやり方が唯一の方法ではなく、必ずしも正しい答えでもないことを忘れないでください。やり方がわからなければ、調べること。オンラインにはあなたを助けてくれる資料がたくさんありますし、行き詰まったらいつでも助けを求めてください。」


専攻分野を探している学生、昇進のために新しいスキルを身につけたい人、転職を考えている社会人など、少しの決意で夢を追いかけるのに遅すぎることはないということを、将治さんは教えてくれました。