ジャスミン 2022年3月 クライアントハイライト
tres

トレス ランチボックス: デジレ ミンゴ

ツノダスタイリングスは、日本を拠点に、レスポンシブウェブサイトを最高の技術で構築し、高速で使いやすく、成功させるために努力を惜しまないスタートアップ企業です。 ツノダスタイリングスでは、お金をかけずにビジネスを進めたいと考えている新旧のスモールビジネスオーナーを探しています。開業して間もなく、ある素晴らしい起業家から、ウェブサイトのリフレッシュとデザインのし直しの依頼を受けました。

デジレ ミンゴをご紹介します。Tre's Lunchboxは、有益で栄養価の高いヒントやコツ、レシピを、かわいくて楽しく、環境にも安全な食器を提供するライフスタイルブランドです。Desiree Mingoは、息子に触発され、美しく健康的な食事をカスタムメイドの竹製のお皿で作っています。100%竹で作られたプレートはBPAフリーで、環境に優しいだけではなく、カスタムデザインにより食事量の管理のリマインダーとして機能します。また、底面には吸盤があり、滑らかな表面に貼り付けることができるので、食事中の散らかりを防ぐことができます。ツノダスタイリングスがデザインを手掛けた新しいサイトでは、彼女について、また彼女が何を成し遂げようとしているのかを詳しく知ることができます。

デジレ ミンゴさんへのインタビュー:

ジャスミン: いつ起業しようと思い立ちましたか

デジレ: 2020年9月に事業を立ち上げました.

ジャスミン: なぜ経営者になろうと思いましたか。

デジレ: 私の情熱は起業家精神にあり、他人を助け、問題を創造的に解決することが大好きです。また、このフェイスプレートは、アフリカ系アメリカ人の男の子や女の子に似せて作られていますが、私の任務のひとつとして、人種や、親切で尊敬される人間になる方法について会話を始めることでした。また、母親や両親が、誰も話していないようなことを気軽に話せるような場所を提供することです。

ジャスミン: 創業時の任務は何でしたか。

デジレ: 創業時、そして現在の私の任務は、進化し続ける現代の親にとって常に一貫したパートナーとなり、持続可能でモダン、機能的、かつ包括的な乳幼児用食器を通じて、食事の時間を中心とした課題を解決することです。

ジャスミン: あなたの会社は、地域社会に還元していますか。

デジレ: はい、私たちの社会的インパクトのある還元は、黒人の母親たちの健康、食料へのアクセス、恵まれない人々のための平等、そして働く母親たちが世界と家庭を動かすために必要な柔軟性を与えることを支援する母親プロジェクトです。第2四半期には、これらの活動を支援する団体への寄付から業務提携を始める予定です。

ジャスミン: あなたの会社でユニークだと思うところは何ですか。

デジレ: 私たちは、黒人の母親が所有する唯一の食器会社です。

ジャスミン: どのように社名を思いつきましたか。

デジレ: 私の息子は3番目であり、私たちは彼をトレと呼んでいて、彼がブランド全体のひらめきになっています。ランチボックスを選んだのは、最初は私が保育園の子どものお弁当を投稿していたのですが、私と同じような母親がこの分野の指導やサポートを求めていると認識し、ブランドへと発展させたからです。

ジャスミン: どのようなサービスや製品を提供していますか。

デジレ: 100%BPAフリーの竹製乳幼児用食器を提供しています。私たちの製品は、アメリカでデザインされています。

ジャスミン: 今後、追加したい製品はありますか。

デジレ: 現在、ボウルのセットを製作中で、今年中にリリースする予定です。将来的には、食器やカップ、食器用刃物、そしてランチボックスなど、さまざまな商品を展開する予定です。

ジャスミン: 起業を目指す人に何かアドバイスをお願いします。

デジレ: すべてが「正しい」状態になることはないので、「正しい」状態になるまで待つのではなく、とにかく始めてみることです。

ジャスミン: 2022年の目標をお聞かせください。最後になりますが、読者にコメントをお願いします。

デジレ: 2022年の目標は、ブランド認知度とブランド記憶度を高めることです。大きく成長させます。

はい、私たちのウェブサイト(www.treslunchbox.com)とソーシャルメディアのページ@Treslunchboxをご覧ください。そして、私たちのプレートは基本的に親と子のコミュニケーションツールであることを忘れないでください。子供たちの脳と心に栄養を与えることが重要であり、プレートは子供たちに特別感を与え、彼らの目や耳に届くようにするための表現なのです。アフリカ系アメリカ人でない友人たちとの会話のきっかけにもなります。

今すぐ購入