ジャスミン 2022年 ウェブ開発
web development map

Web開発のリソースのおすすめTOP 10

インターネットには沢山のリソースで溢れているので、プロジェクトのためにどれかを選ぶことになった時は、圧倒されてしまいます。個人的なものにしても、クライアントのためのものにしても、できるだけ短い時間で、プロフェッショナルで簡単な仕上がりを得たいですよね。そこで、必ず使うべき開発用リソースのトップ10をご紹介します。しかも、全て無料 or 無料体験版!

10. CodeSandbox

CodeSandbox
CodeSandbox は素早くウェブ開発ができるオンラインエディターです。CodeSandbox を使うと、プロトタイプをすばやく作成し、簡単に実験し、ワンクリックで作品を共有することができます。Web ブラウザがあれば、どのデバイスでも静的サイト、フルスタック Web アプリ、コンポーネントの作成に使用できます。
CodeSandbox で私たちが一番気に入っている機能は、自動更新されるミニブラウザです。プロトタイプがどのように見えるか、複数のデバイスでどのように反応するかを簡単で正確に確認できます。また、複数のプログラミング言語を使って同時にコーディングすることも可能です。例えば、HTML、 Vanilla JavaScript、React、 Angular、 Vue などさまざまな言語があります。更に、大きなチームで同時に同じアプリに取り掛かっている場合、プロジェクトの中で自分がコードを書いた部分を共有したり、複数のファイルをマージして、全員の進捗を把握したり見比べたりすることも簡単です。多くのテンプレートやチュートリアルがあり初心者にも最適なので、私たちのランキング10にランクインしました!

9. Paperform

Paperform
Paperform は、専門的な知識がなくても、誰でも素早く直感的に、美しいオンラインフォーム、決済、商品ページなどを作成できるWebプラットフォームです。単なる質問と回答だけではなく、写真、ビデオ、装飾されたテキストをページの好きな場所に挿入することができます。さらに、全てのフォームには固有のURLが設定されているので、独自のWebサイトの有無にかかわらずフォームをシェアできます!
Paperform で私たちが一番好きなポイントは、自分のウェブサイトやアプリの中に複数のフォームを簡単に埋め込めるところです。ユーザーフレンドリーなドロップダウンメニューとチュートリアルを使ってフォームを作成し、カスタムURLを設定すれば、世界中の人が見られるようにシェアしたり、自分のウェブサイトに直接入れたりしましょう!フィードバック、アンケート、予約、申し込み、問い合わせ、同意・承諾、診察、サインアップなどを含む、沢山のフォームの中から選べます。Paperform は、次のプロジェクトをレベルアップさせるための無限の可能性を持っています。

8. Pexels and Coverr

Pexels
どちらも似たような目的ということで、同率8位とさせていただきました。ただし、今回の説明ではPexels の方に重点を置いています. PexelsCoverr は、ストックフォトとストックビデオのWebサイトで、追加費用なしで使用できる高品質でロイヤリティフリーの著作権メディアを提供しています!
しかし、私たちはPexels で最も気に入っている機能は、サイトに投稿された写真や動画のアーティストに寄付をすることができる点です。もし、プロジェクトで使用するストックフォトを作成したアーティストに対して、感謝の気持ちを込めてクレジットを追加したい場合、これほど簡単なことはありません。Pexels は動画も提供していますが、ほとんどは他のアーティストと画像交換するためを中心としています。今後、ウェブサイトのスペースを埋めたり、プロジェクトをもっと生き生きとさせるために写真や動画が必要になった時は、PexelsやCoverr をチェックして、ぜひ利用してみてください。

7. Axios API

Axios
APIとは「Application Programming Interface」の頭文字をとったもので、2つのアプリケーションが互いに会話できるようにするためのソフトウェアの仲介役です。つまり、あなたがFacebookのようなアプリを使ったり、簡易メッセージを送ったり、スマートフォンで天気をチェックしたりするたびに、APIを使っていることになるのです。SpotifyやNetflixのようなストリーミングサービスも、APIを使ってコンテンツを配信しています。
Axios は、ブラウザとnode.jsのための、シンプルなプロミスベースのHTTPクライアントです。Axiosは、非常に拡張性の高いインターフェイスを持つ小さなパッケージで、シンプルに使えるライブラリを提供します。でも、それってどういう意味なのでしょうか?Axios API を使用すると、他のサーバーから情報を収集し、それを自分のアプリケーションに引き出してユーザーに見せることができます。つまり、知らず知らずのうちにAPIを日々使っているわけです!開発者を目指すなら身につけておきたい重要なスキルなので、まだ受講していない方はより深くしっかりと教えてくれるオンラインリソースを探すことをおすすめします。

6. InvisionApp

Invision
InvisionApp は、デジタル製品の設計・デザインと開発における包括的なコラボレーションのためのプラットフォームです。デザイナーによる、デザイナーのための、プロトタイピングツールです。デザインのためのインタラクティブなモックアップ(模型)を素早く簡単に作成することができます。準備ができたら、このモックアップをチームやクライアントと共有することができます。PDFやスクリーンショットを送るよりもはるかに簡単で効果的です。モックアップの画面上のポイントに関連するコメントを残すことで、アプリ内で直接ディスカッションすることができます。
InvisionApp で私たちが最も気に入っている機能は、他のプラットフォームにはない、プロトタイプをカスタ マイズできるドラッグ&ドロップ編集機能です。プロトタイプを持つことの素晴らしさは、コーディングのストレスを軽減し、何を表示し、どのように機能させるかについて、全員が同じ考えを持つことを可能にします。もし、アイディアが思い浮かんだのにそれを紙に書き出すことができない場合、代わりにInvisionApp を使って描いてみてください。

5. Google Fonts/What Font

Google Fonts
ウェブサイトやアプリケーションに選ぶフォントは、プロジェクト全体を左右する可能性があります。どのフォントを使うか、色、スタイル、サイズを考えるとき、 Google Fontsは大切な選択をするのを助けてくれる最高なサイトです。このサイトは、数千とは言わないまでも、数百のフォントを保持する中から選ぶことができる巨大なライブラリです。複数の言語と文字でフォントがどのように見えるかを閲覧することもできます。しかし、他のサイトやアプリで見たフォントの見た目が気に入っても、その名前がわからない場合はどうしたらいいのでしょうか?
What Fontを使えば、コードを読まなくても、表示されているフォントを簡単に確認することができます。ブラウザにChrome拡張機能を追加するだけで、数秒後には、あなたのサイトやアプリのビジュアルをプロフェッショナルな見た目にレベルアップさせられます。私たちも、両方のアプリケーションを使用しました。私たちが使っているフォントの名前がわかりますか?

4. Font Awesome

Font Awesome
Font Awesome はフォントとアイコンのツールキットで、1,600以上の無料アイコンをたった1行のコードで使用することができます。Font Awesomeのアイコンは、CSS Prefix faとアイコンの名前を使って、ほぼどこにでも配置することができます。例えば、キーボードのアイコンをここに 表示したい場合は、< i class="far fa-keyboard" > と入力するだけで、アイコンを変更することができます。どうやって動いているのかって? i とは「icon」の i 、far fa はFont Awesome のカスタムクラスで、説明する必要もないですね。Font Awesome のアイコンは7,864個、クリックひとつで配置できるソーシャルメディアのロゴ、人気のビジネスロゴ、認知度の高い絵文字など、最も人気があり必要とされているアイコンを追加し続けています。私たちのウェブサイトでは、複数のページでfaアイコンを使用しています。今読んでいるページもそのうちの一つです!いくつ見つけられますか?

3. BootStrap

Bootstrap
Bootstrap は、レスポンシブでモバイルファーストなフロントエンドウェブ開発のための、オープンソースの無料CSSフレームワークです。タイポグラフィー、フォーム、ボタン、ナビゲーション、その他のインターフェイスコンポーネントのための、CSSおよびJavaScriptベースのデザインテンプレートが含まれています。では......具体的にはどういうことでしょうか?基本的に、Bootstrapを使えば、正しい書式コードを理解するのに何時間もかけずに、レスポンシブなモバイルファーストのサイトをすばやくデザインし、カスタマイズすることができます。Bootstrapで私たちが最も気に入っている点は、すべてのページ、コンポーネント、ユーティリティに非常に詳細な説明書きがあることです。初心者でも簡単にBootstrapをアプリケーションに適用して、より完璧でプロフェッショナルな外観を実現できるように設計されています。初期値のコードをコピー&ペーストして、独自のニーズに合わせてカスタマイズすることもできます。Bootstrapは、デザインを新しいレベルに引き上げてくれました。そんな訳で、私たちはBootstrapを強くお勧めします!

2. Git/GitHub

GitHub
GitGitHubとは何でしょう?簡単に言うと、Gitはソースコードの履歴を管理・追跡することができる管理システムです。GitHubは、Gitリポジトリを管理できるクラウドベースのホスティングサービスです。Gitはツールであり、GitHubはGitを使用するプロジェクトのためのサービスです。Gitを使用するオープンソース(別名:パブリック)プロジェクトがある場合、GitHubはその管理を更によくするのに役立ちます。GitHubは、世界中の共同作業者がアクセスできるコードやプロジェクトのための、外付けハードドライブを持っていると考えてみてください。GitHubの素晴らしいところは、開発者のコミュニティがコードの微調整を手伝ってくれたり、良いアイデアだと思えば毎月寄付をしてプロジェクトのスポンサーになってくれたりすることです。GitHubは、今や業界標準だと言っても過言ではないでしょう。学生からフリーランス、FacebookやAmazonのような大企業まで、誰もが使っています。ですから、もしあなたが開発者コミュニティに参加したいのであれば、GitHubを一番初めにダウンロードしましょう!

1. Visual Studio Code

Visual Studio Code
Visual Studio Code は、マイクロソフトが開発したソースコードエディタで、デバッグ、タスク実行、バージョン管理などの開発作業をサポートしてくれます。開発者が迅速なコード・ビルド・デバッグサイクルのために必要なツールを提供することを目的としています。VSコードの優れた点は、1つのアプリで複数のプログラミング言語(HTML、JavaScript、React、Python、C++など)を簡単に使用できることで、ウェブサイトやアプリが複数のシステムとクロス統合されている場合、より生産的になります。VS Codeで私たちが最も気に入っている拡張機能は、 Live Server ModeエクステンションとPrettierエクステンションです。Live Server Modeでは、コードを入力すると、その変更をブラウザ上でリアルタイムに確認することができます。一方、Prettierは、コーディングのスペルチェッカーのようなものです。コードの重要な要素が欠落しているときに警告を出し、さらに自動保存や自動修正もしてくれるので、すべてのデベロッパーに使ってほしいリストのナンバーワンです.

私たちのリストに賛同していただけますか?あなたのリソーストップ10はどれですか?私たちのSNSで教えてください!また、ブログやニュースレターを購読することもお忘れなく!